イオンチャネルの
パイオニア

高分子Wntシグナル伝達経路の活性化にフォーカスした新規アプリケーションレポート

高分子Wntシグナル伝達経路の活性化にフォーカスした新規アプリケーションレポート

新しいアプリケーションレポートでは、脆弱で希少なWntタンパク質によって変調されたイオンチャネルの自動パッチクランプ(APC)記録に注目しています。Wnt 9B、5Aおよび10Bは、いずれもPC3細胞のイオンチャネル電流を活性化することが示されました。

Webinar 「オートパッチクランプとiPS由来神経細胞」

Webinar 「オートパッチクランプとiPS由来神経細胞」

このウェビナーでは、ボストン小児病院のElizabeth Buttermore先生とSophionデンマーク本社のKadla R Rosholmが「CDKL5欠損障害のiPSC由来神経細胞における細胞、分子、電気生理学的特性評価」と題して共同プレゼンテーションを行います。リンクより参加登録をお願いいたします。日本時間2022年5月20日午前0時開始

自動パッチクランプを使用した高分子特性評価

自動パッチクランプを使用した高分子特性評価

自動パッチクランプによる高分子スクリーニングと特性評価は効率良く薬剤研究を行うための重要な要素です。

3/15開催ウェビナー

3/15開催ウェビナー "オートパッチとiPS細胞"(録画配信)

3月15日に開催されたウェビナーの録画配信はこちらから

QPatch/Qube 384を用いた20報の論文が2021年第4四半期に発表されました

QPatch/Qube 384を用いた20報の論文が2021年第4四半期に発表されました

Yale大学からはじめて弊社製品を用いた論文が出版されました。Queensland大からは更なる毒素の研究成果が発表されています。Qubeを用いた幹細胞研究も立ち上がりました。

シンガポールの南洋理工大学がQPatchに関する2つの論文を発表しました

シンガポールの南洋理工大学がQPatchに関する2つの論文を発表しました

シンガポールの南洋理工大学がQPatch IIで病気と免疫分野におけるイオンチャネル研究に進展

QPatch IIによる心筋細胞活動電位記録に大きな一歩

QPatch IIによる心筋細胞活動電位記録に大きな一歩

hiPSC-心筋細胞電流クランプ活動電位記録

学生・若手研究者向けSophion Travel & Research Grantsの募集案内

学生・若手研究者向けSophion Travel & Research Grantsの募集案内

Sophionでは新たに学生・若手研究者向けのTravel & Research Grantsを立ち上げました

USAボストンのSLASでQPatch Compactを展示紹介

USAボストンのSLASでQPatch Compactを展示紹介

新製品QPatch Compactについて、詳しく説明しています

オンラインセミナー (録画配信) : オートパッチと高分子

オンラインセミナー (録画配信) : オートパッチと高分子

オートパッチクランプ装置を用いた高分子化合物解析(ヘビ毒分画ライブラリースクリーニング)に関するオンラインセミナーの録画を配信しています

新製品 QPatch Compact –セミオートパッチクランプシステム をご紹介いたします。

新製品 QPatch Compact –セミオートパッチクランプシステム をご紹介いたします。

デスクトップサイズのQPatch Compactを使えば、素早く簡単に電気生理データを取得することができます。オートパッチの安定性と使いやすさ、マニュアルパッチクランプの柔軟性を兼ね備えたQPatch Compactをぜひご活用下さい。

イエール大学のWaxmanラボがQube 384を使用した初めての論文を発表しました

イエール大学のWaxmanラボがQube 384を使用した初めての論文を発表しました

WaxmanラボがQubeを使用した初めての論文を発表しました

Sophionは、バイオ医薬品の研究開発のためのエンタープライズ・ソフトウェア・ソリューションのリーディング・プロバイダーであるGenedata社と提携し、弊社APCプラットフォームとGenedata社のデータ解析システムScreenerとの標準的な統合が可能となりました。

詳細はこちらをご覧下さい。

Disease areas

疼痛領域

イオンチャネルは痛みの発生およびその伝達の双方に関与します

心血管領域

イオンチャネルは医薬品の安全性研究において必須の対象であり、多くの心疾患において非常に重要です

中枢神経領域

イオンチャネルが精神疾患において重要な役割を果たすことが示唆されています

がん領域

イオンチャネルはがん治療における薬物の潜在的標的として新たな役割を果たしています

その他

イオンチャネルの機能不全によって引き起こされる他の疾患についてご紹介します