簡単なオペレーションでハイスループットイオンチャネルスクリーニングを実現

Qube 384

Qube 384を運用頂くことでイオンチャネル研究はもっと容易になります。ギガシールベースの電流記録と無人オペレーションを組み合わせることで、創薬研究をより効率的に行うことができます。Qubeはイオンチャネルのスクリーニングと特性評価のために開発されたHTSシステムで、1日に数千データ以上を取得する必要がある研究室での運用を想定して設計されています。Qubeはイオンチャネルアッセイで求められるハイスループットとHiFiとのギャップを埋めることができます。

  • 1クリックで6,000ウェルにて無人オペレーションに試験を行い、最大24時間で30,000データを取得し、大幅な時間の節約が可能
  • 電位固定、リガンド作動性アプリケーション、カレントクランプなど、すべてのイオンチャネルアッセイに対応
  • ギガシール記録によりHiFiデータと高SN比を実現
  • 記録時の温度を15〜40度の温度で安定してコントロール
  • 信頼性の高いAI技術による化合物溶液処理により、測定ウェルへ正確に指定濃度の溶液を注入
  • シンプルで使いやすいソフトウェアとインターフェースにより、誰でもすぐにQubeを運用ができることから、担当スタッフの配置転換も容易
  • Sophion Analyzerで数回のクリック操作をするだけで、すぐに解析結果が入手可能
Read moreless about the Qube 384