簡単なオペレーションでハイスループットイオンチャネルスクリーニングを実現

Qube 384

SophionのHTSシステムであるQube 384がイオンチャネル研究を容易なものにします。ギガシールベースの電流記録と無人オペレーションを組み合わせることで、創薬研究をより効率的に行うことができます。Qubeでは、個々の細胞の膜電位をチャネル活性化電位の半値で固定し、候補化合物の作用機序をより正確に解明できます。実験温度も細胞レベルで管理可能で、温度を上げることも下げることもできます。温度のデータはその後の解析にも利用可能です。

Qubeはハイスループットと高品質のイオンチャネルアッセイのギャップを埋め、以下を可能にします。

  • オンラインV½評価
  • 成功率90〜95%を容易に実現(例 : hERGNaV1.4CaV1.2
  • 無人オペレーションによる6,000ウェルの試験を1クリックで実施
  • 電位依存性およびリガンド作動性アプリケーション、カレントクランプなど、すべてのイオンチャネルアッセイに対応
  • ギガシール記録により高品質データと高SN比を実現
  • 温度コントロール
  • 信頼性の高いAI技術による化合物溶液処理により、測定ウェルへ正確に指定濃度の溶液を注入
  • シンプルで使いやすいソフトウェアとインターフェースにより、誰でもすぐにQubeを運用ができることから、担当スタッフの配置転換も容易
  • Sophion Analyzerによるパワフルな解析能力
Read moreless about the Qube 384