イオンチャネルの
パイオニア

自動パッチクランプを使った高分子薬剤研究と幹細胞(hiPSC)由来のニューロンレコーディングに関するSociety for Neuroscience

自動パッチクランプを使った高分子薬剤研究と幹細胞(hiPSC)由来のニューロンレコーディングに関するSociety for Neuroscience

今年も開催されるSfNでは、イオンチャネル研究者にとって興味深い多くのコンテンツがあります。大分子薬剤研究と幹細胞の特性評価に関する3つのビデオ動画によるプレゼンテーションをチェックしてみましょう。

高分子と自動パッチクランプ:Qube 384を用いたスコーピオン・トキシンのBKチャネル阻害作用試験

高分子と自動パッチクランプ:Qube 384を用いたスコーピオン・トキシンのBKチャネル阻害作用試験

Qubeで評価したcharybdotoxinのフッ化物を含まない溶液での薬理学的特性

扱いにくいCRACチャネルもQubeとQPatchを使えば大丈夫

扱いにくいCRACチャネルもQubeとQPatchを使えば大丈夫

一部の自動パッチクランプ(APC)は、「シールエンハンス」溶液に必要な高濃度カルシウムやフッ化物を使用ができないため、ICRACの記録が「難しい」とされていました。しかし、Qube 384やQPatchを使えば難しくありません。

TRPチャネル、ノーベル賞と自動パッチクランプ

TRPチャネル、ノーベル賞と自動パッチクランプ

今年のノーベル賞受賞者の方々に対し祝意を表し、TRPチャネルについてもっと知りたい方々のために、TRPをテーマにしたICMSビデオ動画・出版物・アプリケーションレポート・ポスターを集めました。

リンショーピング大学にて QPatch IIを使用した てんかん の研究

リンショーピング大学にて QPatch IIを使用した てんかん の研究

QPatch IIを使用すると、私たちの研究が約48倍早くなりました。通常なら1年かかる研究作業が一週間ほどで完了…このQPatch IIは私たちを新たな領域へ導いてくれます。

Sophion Academy - How to Video チュートリアル

Sophion Academy - How to Video チュートリアル

QPatchのBON清掃仕方について学習しましょう。それは心地よいソファに座りながらでも、オフィスのPCの画面上でも、手軽にアクセスできます。Sophionアカデミーは、あなたに最適なワークライフをサポートする幅広いオンラインチュートリアルを提供します。

QPatch IIを利用したiPS心筋細胞の記録:50%の成功率

QPatch IIを利用したiPS心筋細胞の記録:50%の成功率

ゲッチンゲン大学との共同研究によりQPatch IIを利用した心筋細胞の記録で素晴らしい結果が出ました。

Sophion、DTU、コスタリカ大学、IONTASの共同研究による、 画期的な抗生物質についての論文発表

Sophion、DTU、コスタリカ大学、IONTASの共同研究による、 画期的な抗生物質についての論文発表

コブラ毒素を中和するモノクロナール抗体の発見と開発

イオンチャネルと癌

イオンチャネルと癌

細胞膜間のイオンの移動は腫瘍細胞の機能において、細胞容積調節や細胞遊走、細胞周期進行、細胞増殖、細胞死といった、重要な役割を果たします。腫瘍細胞の転移だけでなく生存においても重要な機能です。

ナノマテリアルと血液脳関門に関するSophionのPNAS論文

ナノマテリアルと血液脳関門に関するSophionのPNAS論文

Sophionはイオンチャネルの記録技術の専門家として知られていますが、弊社の科学者は血液脳関門(BBB)を行き交うナノマテリアルの生理学的効果に関する知識においても、その分野をリードしています。

大学院生・学部生を対象としたイオンチャネル講演会

大学院生・学部生を対象としたイオンチャネル講演会

先日、弊社のDaniel Sauterがメキシコのデ・ラ・サール大学(Universidad De La Salle Bajio)で「Ion Channel Drug Discovery」と題した講演を行いました。録画動画はFacebookよりご覧いただくことができます。

オプトジェネティクスに興味をお持ちですか?

オプトジェネティクスに興味をお持ちですか?

このパワフルな技術についての詳細を知り、この技術があなたの研究にどのように役立つかについてインスピレーションを得るために、弊社からの出版資料をご覧ください。

Sophionは、バイオ医薬品の研究開発のためのエンタープライズ・ソフトウェア・ソリューションのリーディング・プロバイダーであるGenedata社と提携し、弊社APCプラットフォームとGenedata社のデータ解析システムScreenerとの標準的な統合が可能となりました。

詳細はこちらをご覧下さい。

Disease areas

疼痛領域

イオンチャネルは痛みの発生およびその伝達の双方に関与します

心血管領域

イオンチャネルは医薬品の安全性研究において必須の対象であり、多くの心疾患において非常に重要です

中枢神経領域

イオンチャネルが精神疾患において重要な役割を果たすことが示唆されています

がん領域

イオンチャネルはがん治療における薬物の潜在的標的として新たな役割を果たしています

その他

イオンチャネルの機能不全によって引き起こされる他の疾患についてご紹介します